車買取

法改正によって、平成17年1月から車の再資源化に際する

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、

車の下取りの際に減額のポイントとなるものとして、平均で1年間に1万キロ以上走っている、その車体のカラーが流行っていない、車体の外観が綺麗な状態でない、車の装備品が壊れている、車中でのタバコ等があります。
とりわけ大きいのは車体の修理歴であり、マイナス査定の要因となります。 (さらに…)