何軒かの中古車業者に愛車を売却するに当たって

何軒かの中古車業者に愛車を売却するに当たって、査定をしていただきました。その中で、ガリバーが最も高い買取価格を提示してくれたので、こちらの業者に売ることを売買契約をしました。まずはネットで車査定し、愛車を後日、店舗に持っていったところ、ネット査定よりも高額が示されたため、即売却を決断しました。

親世帯と同居することになったので8年間乗ってきた車を買い換えました。いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが初めての買い換えで舞い上がっていたせいもあり、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で決めました。同行していた家族の手前、言い出せませんでしたが、僕が思っているより下取り額が安かったので、中古車買取業者を利用したほうが良かったのではないかとあとになって後悔しました。買い換える前の車はもう何年も乗った車で、ちょうど車検期間も残り少なかったので買取で金額が付くとは思っていませんでした。

ですので、新しい車を買った業者さんに無料で引き渡してしまったのですが、その引き取ってもらった車が後日、そこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。



こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして正しい買取価格を調べてから決めればよかったと大変悔しく思っています。
車を少しでも高く売却するにはどのようなところに注意すべきでしょうか。

インターネットによる一括査定を使って業者による買取査定を受けてみるのが基本です。


あとは、査定を受ける前にきちんと洗車して車をキレイにしておくことも大事です。特に車の外側だけではなく、車内もきちんときれいにしておきましょう。

新しい年式のものほど査定額は上がりますし、ハイグレードのものほど査定額アップが期待できるでしょう。


ボディカラーも査定のときにチェックされるポイントで、無難な白や黒、シルバーなどが人気となっています。

車を購入するときには、やがて売ることを考えて一般受けしそうな色の車を買うというのも良いのかもしれません。
買取にまつわる詐欺被害も起きているので気を付けてください。
他社と比べて高額な査定金額を提示し、契約させておいて、色々と理由を主張してそれよりも大幅に低い額での買取を強要してきます。



そんな金額では買取には出せないと言うと、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送料、保管料などの理由で車の返還と引き換えにお金を取っていく手口もあります。
業者が車を引き取ったあとで買取代金が振り込まれなかったという事件も報告されています。

車をなるべく高く売るには、買い取り価格を調べてもらうことがよいやり方です。近年はインターネットで容易に一気に買い取り査定を受けることができます。



必要事項の入力を最初だけして申し込むだけで、複数の業者からいくらで買い取ってくれるかを知ることができます。

数社の中で一番査定額がよかった会社に売るのが賢いのです。

買取業者に車の査定を出す時に、一つの会社にのみに査定を任せてしまうのがおすすめできない訳はそこではない別の業者を選んで利用していれば査定額がもう少し高くなってお得に売れていた可能性が高いからなのです。近頃はインターネットを使うことでいくつかの業者に同時におおまかな買取額を見せてもらうことができるようになっています。


ここは面倒がらずに少し時間を使って、いろいろな業者にそれぞれ査定をしてもらうと査定額を増やせるでしょうから最終的に満足できるでしょう。車を売却する際には、高価格で売れる時期やタイミングを逃さないように十分気を付けることが大切です。


例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃には車が高く売れるのです。


そのほかに、冬季の前には、4WDなどのアウトドア車が高く売れるでしょう。こんなような、車を高く売却するには、時期を見定めるのも必要となるのです。
どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定の額は良くなります。

走行した距離が長い方が車が劣化するからです。そうはいっても、走行距離メーターに何か細工を加えるとサギですから、走ったものは諦めましょう。



次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。