愛車を買取に出したいと思い、WEBの簡単査定を利用しました

愛車を買取に出したいと思い、WEBの簡単査定を利用しました。車種は赤のアウディであり、まだ乗り始めて5年と新しかったので、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、意外にも非常に安い金額だったのでびっくりでした。査定をお願いしていた買取業者に来てもらって説明してもらいましたが、「今時は軽自動車の方が外車より買取額が高い」と言われて衝撃を受けました。トラックといえば昔から変わらずホワイトが定番の人気色ですが、トラック以外で言えば査定で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。売れている車の色、つまり「定番色」が買取の現場でも有利という訳です。パール系やメタリック系の色になりますと、ソリッド系に比べると査定に有利なようです。メーカーが発売した限定色の場合も、高く買い取ってくれる場合があります。

実物での査定はしなくても、一括見積サイトに乗っている車の情報を入力すると、何件もの車査定業者に一括して概算としての査定額を出してもらえます。


中古車買取業者に買い取りをしてもらう利点は、買取価格が高いことが期待できることです。愛車の価格相場を事前に調べて、少しでも高く売りましょう。自動車の査定をするときには、スタッドレスタイヤをつけたまま査定してもらうのではなく、標準タイヤにしておいた方がお勧めです。
スタッドレスタイヤはマイナスの査定となってしまう要因です。

使用状態が良い場合はスタッドレスタイヤも車とまとめて買取をしてもらえることもあるかもしれませんが、溝がなくなっていると、反対に処分の費用が必要かもしれません。

私の車にできてしまったすり傷や故障は、基本的には何も改善せずに状態を査定してもらうために出しましょう。


傷や故障があるとすると、その分だけ評価額は低くなってしまいます。

しかし、傷や大小関わらず気になる故障は、買い取ってくれる会社が自社で整備、壊れた個所を修繕したりするので、査定される前に修理しておくことは要求されていません。

マイナスの査定で減額されるよりも、修理費用の方が高額になってしまいます。

マイナス査定の要因になり得るものとして、平均で1年間に1万キロ以上走っている、一般好みされない車体色である、キズや汚れが車体にある、車の装備品が壊れている、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。

特に、故障等での修理がなされているかどうかは査定額に関わります。仮に、修理歴があるとすると査定金額はとても下がってしまうでしょう。

車の買取りをお願いする場合、相場の情報を手に入れたいと思うこともあることでしょう。

では、車が大体いくら位で売れるものかは知ることが出来るものなのでしょうか。

結論から話せば、だいたいの平均値は分かるものなのです。しかし、実際の下取りの値段とは多少変わってくることをご理解ください。

買い取られるのがいつか、によっても変わりますし、自動車の状態にもよるので、絶対に、その平均的な価格で下取りされるわけではありません。車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。


人気のある車種の限定車などであれば、手を加えていないとか状態の良さで査定担当者も値段をつけてくれるでしょう。


一方、一括査定してくれるサイトで価格がつかないような車は、どの業者も高値では引き取らないと思います。というのは、業者同士でも中古車の取引が行われており、査定で値がつかない車は在庫に直結してしまうからです。

そんなときには個人間の売買を考えてみても良いかもしれません。


愛好家同士ならその車の価値がわかる人が納得できる価格で購入することもありますし、改造部分に思わぬ付加価値がついたケースもあります。



愛好者同士のサークルやカーオークションサイトなどを回ってみるといいでしょう。



車の売却査定を依頼する際は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。


ただし、売却する業者が決まって契約となると、必要な書類はひとつやふたつではありません。



普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、結婚で姓が変わった場合や現住所と書類の住所が一致しない場合はそれを証明する書類が追加されます。

業者は決まらなくても、売ると決心した段階であらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

ネットオークションで車を購入するという方は、安い価格で車を欲しいと思っている方か車マニアの人です。

中でも、安く車を手に入れたいと願っている人が大半なので、一般的な車だと高い値段で売ることはできません。
ただし、希少価値が高くて珍しい車だとマニアの人に喜んでもらえるため、入札件数が増えることになって、高額で売却することができます。