親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、ややもすると支払

親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。
愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

どんなに親しい間柄だったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、重要な項目に関しては書類にしておくべきです。

念書に残すのを嫌がる相手では、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。中古自動車売却に関して言えば、車庫証明の書類はとくに必要とされません。


しかしながら、新たに買った自動車に対しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、トライするのも結構ですね。

車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、車の売買契約書を持って行きましょう。
事故にあった車の時は、修理代にお金をかけても、事故前と同レベルに戻せないこともよくあります。

事故の際、車が受ける衝撃により、フレームに歪みができてしまうと、完全に修理することが難しい場合もあります。



事故車に修理代をつぎ込むよりも、事故車を専門に買い取っている業者に売って、新しい車両を購入した方が安全面ではいいかもしれません。たとえ自動車ローンが残っていようと買取業者に売却することは可能です。要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているときだけですから、実際には難しいかもしれません。所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、完全にローンを返し切るまではローン会社所有の車ということになりますから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

ただ、ローン会社の許可さえあれば、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。



私の車は以前、事故に遭っており、修理屋さんでフレームを直してもらったため、つまり修理歴が有るということになります。


とはいえ、事故の痕跡はパッと見ただけでは分かりません。


車の買取依頼にあたって修理歴のことは言わなくてもいいのでしょうか。


後になってそれを理由に減額を請求されても嫌ですし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。そうしたリスクを勘案すると、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。一般論を言うと、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に査定を依頼する必要が生じます。日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、査定には指定の料金がかかります。さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。ネットで調べると、下取りの相場がわかるサイトを見つけられます。そのサイトを使えば、容易に愛車の相場が確認できます。車両メーカーの公式サイトによっても、相場確認できるでしょう。カーセンサーネット査定の一括無料査定を活用することで、相場情報を得ることもできます。とはいえ、あくまで相場ですので、少しは金額が変動します。年式が非常に古く、見た目にも使用感のある車でも、中古車に精通した業者にお願いすれば、高額での査定が期待できる場合もあります。


中でも、生産台数が限られている車などでしたら、熱心なカーマニアが価値を認めてくれる場合があります。
マイナーな車種が一躍、人気の車種へ変貌するわけです。


少しでも高い額で買い取ってもらうためにも複数の業者の査定を受けるのが何より大事なことです。それと、自分の車がいくらで買い取ってもらえるかの相場をネットで検索しておくというのもいいですね。車検切れの車でも下取りはできるようです。ただし、車検の切れた車の場合は車道を走ることは違法なので、車を保管している場所まで来てもらい、査定をしてもらわないとなりません。

ディーラーの中には無料で査定をしてくれる所もあるでしょう。また、ネットの車買取り店に頼めば、ほとんどの場合には無料で出張査定を行なってもらえます。


私が知る限りでは、実際の査定では、まず、走行距離を確認されるでしょう。車の査定において、最も大切なのは走行距離だと言われています。

実際に10万キロを超えてしまった車でも売ることが出来るかは、その車によって異なりますが、正直に言って、難しいと思います。ですが、軽自動車は購入希望者も多いですし、あるいは、マニアが欲しがるような、レアなものなら、査定額が上がることもあるようです。