雪が積もったとき、車が滑り、電信柱にフロン

雪が積もったとき、車が滑り、電信柱にフロントをぶつけてしまいました。
エンジンにはかろうじてダメージが発生しなかったのですが、それにもかかわらず事故車扱いになってしまうでしょう。

フロントのバンパー部分だけでなく、前部のフレーム修理を行うことが必須となったため、多額の修理費が掛かってしまいます。


車の査定、買取業者へ中古車を売却した際には、自賠責保険からの返戻金をもらえます。



これは自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上であれば、還付となります。車の一時抹消登録か永久抹消登録をする場合には、契約中の自賠責保険会社より返金してもらえます。忘れると勿体無いので、車を手放す時には、忘れずに還付金を受け取るようにしてください。マイカーの買取下取り価格は過去何キロ走ったかによりだいぶ異なります。例えば、10万km超えの車では下取り価格に期待はできないです。

でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年で1万kmぐらいの普通自動車だったりすれば下取り価格が高くなるかと思われます。過去、走った距離が少ないと車の状態が良いと判断されるわけなのです。車を買い取ってもらう時に意識するのは、自分の車がどれくらいの値段で売れるものなのかということだと推測できます。無論、個体差があることは了解していますが、車下取り相場表みたいなもので、手放す前に確認できると、心を軽くしてアドバイスを受けることができると思います。

車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、現物や店舗次第という感じです。


付加価値の高い人気パーツならば評価も多少加点してもらえる可能性があります。しかしその部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、マイナス評価が入ることもあります。



それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。

そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。現実の査定に出して示された金額は、ずっと変わらないわけではないのです。



中古車の価格の相場というものは常に変動が激しいですから、最終的な査定金額にはある程度の期間保証を付けて提示しているところが多いです。査定金額を示されたときに即決できないときは査定額通りの値段で買い取って貰えるのはいつまでなのかしっかりと確認しておかなければいけません。

保証期間については交渉することもできますが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。


買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。
しかし車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。


査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると確認するのを怠りがちですので、査定手数料が必要なのかどうか契約前に念のために確認するようにしてください。無償ではないことがわかれば、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。車を売る時には、高値で売れる時期やタイミングを逃さないように十分に気を付けることが大切です。例えば、3月の決算期や9月の中間決算のあたりは車を高値で売ることが可能です。ほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。このような感じに、車を高価格で売るには、時期を見ておくことが大切です。


車に関する税金の話をしましょう。自動車税というものは、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

そうは言っても、車を売ろうとする場合には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、必要以上に税金を払ってしまう心配はないのです。但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと返却される制度はないのです。還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

自動車重量税については査定士と要相談ということですね。


特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、料金の支払いに関する約束などがなあなあになりやすいので注意しましょう。

自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。
どんなに親しい間柄だったとしても、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、大切な事柄に関してはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

きちんと念書を作るのを嫌がる人では、後々いざこざが起きてしまう可能性があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。